☆なな発達11a
☆なな発達11b
☆なな発達11c
☆なな発達11d

「成功体験」
(上記漫画内の文章は、当時受けた説明の内容を記載しています)

たとえ全部出来なかったとしても、
残念だったねと共感するのではなく、
こんなに出来たねすごいね!次はきっと全部出来るね!と、

要するに超ポジティブになれということです。

ポジティブや、褒められるを繰り返し、
自分に自信がつくと、発達の伸びが良くなることが多いと説明を受けました。

言語の先生は、

「少なくとも3歳、出来れば入学までは
 失敗体験を一度もさせないくらいの勢いで
 お母さんめっちゃくちゃ頑張ってね!」


と背中をぽんとしてくれて
何だかとても心強く、勇気づけられたのを覚えています。

***

それというのも、ななが人をよく観察するということは、
元々の性格が、自己肯定感がとても低い可能性もあるということ。

だからこそ、特にななには、成功体験がとても効くのではと思われたそうです。

自己肯定感は、無理解や失敗でどんどん低下してしまうので
最初から上げまくっていこうという考えのようでした。

おそらく、先生からこの説明を受ける前の私だったら
出来なかった残念な気持ちに共感するタイプだったと思います。

この日から私は、心は松岡修造さんのようになろうと決心しました(^^)
以前雑誌か何かだったと思いますが、
「ダメ×ダメ=できる」という無茶苦茶理論(笑)を書かれていて
(マイナス×マイナスなのでプラスになる)
大笑いした記憶がありますが、でも、これこそポジティブの神髄だと思いました。

***

1歳前は、たくさん笑って、抱っこをせがんで、
元気いっぱいだった、なな。

その姿を思い出すたびに、
現実のあまりの変化に、辛くなっていたのも事実です。

でも、やるしかないな!

「がんばろうね!」

と、ななに話しかけたところ、
しばらくご無沙汰だった

1本指で「1歳!」のポーズをされて

拍子が抜けて大笑いしたのも、今では良い思い出です(^^)


 続きはこちら


 目次はこちら。現在小学校6年生の長女ななの、赤ちゃんの頃からの発達のお話です。



blogranking
↑ ブログランキングに参加中です 
押していただけると励みになります(*´▽`*)

 ********************

line-touroku
LINEで読者登録すると更新通知が届きます

Twitter-m
Twitterに更新通知中です

Instagram-m
Instagramにも投稿しています

********************

スポンサーリンク